2019.03.29

格安SIMなどが広まってきたことなどもあり、SIMフリーなどという言葉をよく見聞きするという人は多いでしょう。

しかし、そもそもSIMとはどういうものなのかよく分かっていないという人も多いのではないでしょうか。そこで、ここではSIMとは一体何なのかや、格安SIMとは一体何が良いのかなどについて紹介していきます。

おすすめの契約方法などについても紹介していくので、スマホやタブレットなどを快適かつお得に利用したいという人も参考にしてみてください。


SIMの全て・・・1分でわかるSIMとは何か!

SIMとは何なのかいまさら人に聞けないという人も多いかもしれませんが、自分が使用している携帯電話やスマートフォンに挿入されている小さいカードは見たことがあるのではないでしょうか。あれがSIMカードと呼ばれるものです。

あのSIMカードには契約している携帯電話会社の情報や、電話番号、料金プランなどといった情報が含まれているので、あの小さなカードが入っているからこそ携帯電話やスマートフォンを使用することが出来るのです。

実際、今入っているSIMカードをスマートフォンから抜き取って電源を入れてみると、SIMカードが挿入されていないと警告が出てしまい、電話番号など契約情報が無い状態になるため使用に制限がかかってしまいます。

これだけでSIMが非常に重要なものであることは理解出来ると思いますが、大手キャリアでスマートフォンなどを購入し契約した場合、そのキャリアのロゴなどが入ったSIMカードになっている事が多いですが、実はSIMというのは端末を購入したキャリア以外のカードも使用することが出来るのです。

契約したキャリア以外のSIMカードでも利用することが出来る端末のことをSIMフリー端末などと呼びます。SIMはスマートフォンやタブレットなどだけではなく、モバイルWiFiルーターのWiMAXなどでも使用されています。WiMAXで使用されているルーターに挿入することが出来るのはau系のSIMカードに限られます。

というのも、WiMAXはUQコミュニケーションズが提供元のサービスになるのですが、auの回線を使用した格安SIMのUQmobileなども展開しているようにau系の会社になっているためWiMAXのルーターはau系のSIMしか使用することが出来ないのです。

ここで出てきた格安SIMとは何なのかですが、docomo、au、ソフトバンクといった大手キャリアの回線を借りてサービスを行っているSIMになります。大手キャリアの回線網を使用しているため設備投資が安価になるので、通信速度は多少劣ることになりますが月々の利用料が安くなるので人気になっているものです。


最近話題の格安SIMって何がおすすめなの?

最近、格安SIMに関する特集が雑誌などで取り上げられることも多く、格安SIMに興味を持っているという人も増えてきています。実際、格安SIMに変更した人からオススメをされた経験のある人も多いのではないでしょうか。

そもそも格安SIMとは何なのかですが、その名の通り3大携帯キャリアよりも安価にインターネットや音声通話機能が利用出来るSIMカードになります。MVNOという単語を見たことのある人も多いかもしれませんが、MVNOはインターネットプロバイダーや大手家電量販店など格安SIMのサービスを提供している企業のことを指しています。

格安SIMの最大の特徴は、サービス提供会社が通信回線を自社で持たず他社のインターネット・通話の回線を借りてサービスを提供しているということです。自社で基地などを建てること無くサービスが提供できるので、大手キャリアよりも圧倒的に安くサービスが提供できるのです。

では、格安SIMのメリットとデメリットを見ていきましょう。まずメリットに関してですが、当然安価に利用することが出来るということです。大手キャリアと比較すると契約するプランや利用状況などにもよりますが、月々の利用料金が3分の1程度まで下げることが可能です。

安価ではありますが、大手キャリアの通信網を使用しているので、電波エリアなどは大手キャリアと同様となっています。また、大手キャリアの場合、いわゆる2年縛りなどと呼ばれるものや契約自動更新などによって決められた期間以外で解約しようとすると高額な違約金が必要になる事が多いです。

しかし、格安SIMはほとんどの事業者で最低利用期間が1年程度までで、それを過ぎればいつでも違約金など一切不要で解約することが出来るというのもメリットと言えるでしょう。

もちろん格安SIMにはデメリットも存在します。格安SIMはほとんど実店舗がなく、実店舗を持っている会社でもその数は少ないためサポートなどは電話やメールが基本となります。また、Apple社を除き製品の保証がメーカー保証のみになってしまうのもデメリットでしょう。

格安SIMに移行するということは、MNPで番号は同じものを使えてもそれまで使用していたキャリアメールは使用できなくなります。


今使うなら!WiMAX×格安スマホが超お得!

データ通信量の大きいサイトの閲覧やアプリのダウンロード、動画サイトで高画質動画をよく観ているなどといったヘビーユーザーの人は多いですが、そういった人の場合せっかく格安SIMを使用しているのに結局高額な月額利用料が必要になってしまうということがあります。

そんなヘビーユーザーの人や、データ容量の上限を気にすることなくスマートフォンなどを使いたいという人に最適な組み合わせが格安スマホとWiMAXの組み合わせなのです。

格安SIMというのは基本的にデータ容量が少なめのプランの方がお得で、データ容量が大きくなるにつれて大手キャリアとの差が小さくなってきてしまいます。このデメリットは、通話などは格安SIMの安いプランで契約し、データ通信に関してはWiMAXを利用するという組み合わせにすれば解消することが出来るのです。

具体的な例を出してみると、大手キャリアで30GBの大容量プランにすると基本プランと合わせて毎月10,000円以上の支払いが最低必要となります。格安SIMの場合は10GB程度までのプランが多く、30GBなどとなるとかなり業者が絞られますが、月が7,500円程度の支払いは最低必要です。では、JPWiMAXと格安SIMの併用の場合を見ていきましょう。

格安SIMの最も安価な通話込みのプランは1,300円前後になります。JPWiMAXの月額利用料は通常料金が4,880円です。したがって、格安SIMとの合計利用料は約6,200円ほどです。

つまり、格安SIMの大容量プランよりも安価に利用することが出来るということになります。しかも、JPWiMAXは月間データ容量が無制限になりますので、安い上に容量も気にせずに利用することが出来るということになるのです。

無制限と言っても3日間の合計で10GB以上データ通信を行うといった利用状況によっては速度制限になる場合があるのは事実です。しかし、仮に速度制限になったとしても翌日の18時頃~翌々日2時頃までの6時間程度通信速度を概ね1Mbpsに制限するだけなのでインターネットなど一般的な使用用途であれば問題なく使えるでしょう。

また、3日で10GBというのも、HD画質の動画を15時間ほど見たなどでないと到達しないので、よほどのことがない限り問題ないのではないでしょうか。


どこで契約するのが一番お得なの?おすすめキャンペーンとは?

実際に格安SIMやWiMAXをどこで契約したら良いのか迷ってしまうという人は多いでしょう。そこで、おすすめの格安SIMとWiMAXの契約方法について紹介します。まず、SIMとWiMAXは別々に契約するのが基本です。

格安SIMとWiMAXを併用するということであれば、格安SIMは基本的に安い基本プランがおすすめですが、実際の利用環境を考えて自分に合った格安SIMを選ぶことをおすすめします。格安SIMに関しては各社様々なキャンペーンを行っていますので、そういったキャンペーンを比較して選ぶというのもおすすめです。

WiMAXに関してですが、こちらもキャンペーンによってかなりの差が出てきます。特典は大きく分けて「キャッシュバック」と「月額料金割引」の2種類に分けることが出来ますが、どちらがおすすめというよりも落とし穴に注意することが必要です。

まず、「キャッシュバック」についてですが、JPWiMAXの調べでは半数以上が受け取れていないというデータがあります。キャッシュバックのキャンペーンが魅力で加入したのに受け取れないのでは詐欺のように感じるかもしれませんが、詐欺ではなく実は受け取りが1年後でそれまでに解約してしまったり、キャッシュバックに必要な申請の期間が短くて忘れてしまうなどがよくあるのです。

また、キャッシュバックの要件を満たしておらず、オプションを設定していなかったり端末によって特典に差があるなどのケースもあります。月額料金割引であれば安心かというとそうでもなく、たしかに割引はされるのですが実質負担額が高額になってあまり意味がないというケースが多いのです。

JPWiMAXでは公式のキャンペーンを行っており、JPWiMAXではこれらの特典に関するリスクがかなり低いのです。JPWiMAXでは最短で端末が届いたその日にAmazonギフト券10,000円分が送付されますし、特典を受け取るのに面倒な条件などは一切不要で申込者全員が対象です。

毎月の利用料金に関しても、最初の最大3ヶ月は月々2,080円お得ですし、2年目以降も月々780円お得になります。リスクとお得さを考えてもJPWiMAXは自信を持っておすすめできるWiMAXです。